ページ コンテンツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2016年01月10日

スマートウォッチってこんなもん。

ということで、

中国4000年のパクリ文化が生んだスマートウォッチですが、

とりあえず充電してXperia E3とBluetoothでペアリングして、

軽く使ってみました。てか、これを常用できる人っていないと思うけど・・・(笑)

まず、”ウォッチ”というからには時計表示画面ですが、

アナログ表示だと当然のことながら電池残量が表示されません。しかも、電池が結構な勢いで消費されていくので電池残量は必要かなぁ・・・ということで、

DSCN1300.JPG

この画面で過ごしてみました。

”過ごした”といってもほんの数時間だけ使用しただけだし、数時間だけ使用している間にもピロピロと音がしてメールだの天気予報だのを受信して、

無駄なバッテリーの消費と無駄な通知を繰り返してくれてました。

DSCN1301.JPG

こんな感じにいろいろとメニュー表示はあるんですけどね。

所詮、日本語対応ではないので文字が化けまくっちゃって意味不明なのです。

DSCN1302.JPG

結論から申しますと・・・

・100%完全非防水
・毎日充電が必要
・ボタン押下か画面タッチしないと時刻がわからない

こんなの”ウォッチ”とはいえません。

まして、”スマート”とはいえません。



ただね、こっちのスマートウォッチならバッテリーも1週間持つみたいだし、時刻は常時表示だし、5気圧防水だし・・・欲しい・・・




posted by ばたやん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。