ページ コンテンツ

2016年05月01日

NHW20プリウスのフォグランプにLEDバルブを購入してみた。

いろいろ考えてたんですけどね。

去年の12月に左側が切れた愛車のNHW20プリウスのフォグランプですが、

一時は自動車メーカー純正のバラストを改造してバッテリー直結の配線をひいて、

それに中華バーナーを組み合わせて修理しようかとか、

いっそイエローのハロゲンに戻ろうかとも思っておりました。

が、やはりハロゲンには戻りたくないし配線を引き直すのはめんどくさい。

だって、せっかくの純正バラストを組んでも結局はどこかのスフィアライトのような中華製のバーナーを組み合わせるんじゃ意味がない。

だったら同じ中華でも実験という名の人柱的精神の元にLEDだなぁ・・・

ということでebayで購入してみました。

DSCN1614.JPG

4500円くらいで購入しましたが、この無駄の一切ない中華パッケージがいいでしょ?(笑)

はっきりいいますが、どこかの”永久保証”とか言いながら販売されているス・・・なんとかも、

3倍くらいの価格で販売されていますが商品のレベルはこんなもんです。

ス・・・ライトはパッケージにちょっと金かけてますけど、パッケージは車に取り付けられませんからね(笑)

DSCN1615.JPG

普通のHB4の後ろの部分にヒートシンクがついて、ここからLEDの放熱を行うことによってファンレスを実現しているようですが、

実際の効果はいかがなもんでしょ?

DSCN1617.JPG

ただ、LEDが側面に付いているのでHIDのような対向車への目つぶし光線にはならないんじゃないかな?

DSCN1616.JPG

ということで・・・お次は点灯させてみましょう。


posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 車いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

LEDフォグランプを点灯させてみた。

ということで、中華製のLEDフォグランプを点灯させてみましょう。

DSCN1619.JPG

こんな感じです。

んー、HIDに比べたら確かにちょっと暗いのかな? 

ただし、巷で売っているヒートシンクも何もない、ハロゲンバルブの電球の部分をLEDに変えてあるだけのLEDバルブとは比較にならない明るさです。

あの手のLEDフォグランプはPC24セレナに取り付けてひどい目にあいましたからね。

今回はあれよりは絶対に明るいはず。

DSCN1618.JPG

でもこうやってカメラで撮れるんだからそうでもないのでしょうか・・・


本当は既に車に取り付けてもう1か月くらい経つんですけどね。

ハロゲンよりは明るいと思われます。

耐久性は・・・とりあえず1か月は壊れてませんけど、壊れたらまた別のタイプのLEDフォグに変えるつもりです(笑)

なんだかもうHIDはいいやって感じです。


posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 車いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする