ページ コンテンツ

2017年09月01日

KUREのLOOXとやらを使ってみた。

ということで現在、

”少しでも安全・快適・きれい”をモットーに愛車のNHW20プリウスを整備中です。

どうして整備してるかって? 

それだけは教えられません。体重が68sになるまでには終わらせたいな。

ということで、今回は”きれい”ということでヘッドライトを磨いてみました。

今まではね、かの有名な金属磨きのピカールで表面を磨き、正体不明のガラスコーティング剤とやらでコーティングしていました。

しかしっ! コイツを使った方が全然楽でした。

DSCN3355.JPG

あの5-56で有名なKURE工業のLOOXという、コンパウンド入りの表面仕上げ剤です。

主にクルマのボディーとかヘッドライトを磨くのに使うのかな? ただし。コンパウンドが入っているってことを忘れずにね。コンパウンドが何なのか知らない人は使わないように。

ともあれコイツをウエスにシュシュシューっと吹いて、そのままヘッドライトをゴシゴシ、キュッキュッと磨くこと約10分。

右側のヘッドライトはこんなに透明感がよみがえり、

DSCN3369.JPG

左のヘッドライトもこんなにキラキラになりました。

DSCN3363.JPG

これね、同じ会社のSさんというワタクシより30歳近く年上のおじ様にも貸し出して使ってもらったんですが、

”ディーラーで高い金出して磨いてもらうよりきれいになる”

とのことでした。

耐久性は未知数ですけど、1本1000円くらいで買えて、十数回はヘッドライトを磨けると思います。

ね、コスパめっちゃ高いでしょー?




posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | 車いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

エアフローメーターを掃除してみた。

最近ちょっと気になってたんですよ。

お腹の周りのポヨポヨはちょっとずつ、ちょっとずつなくなってきているような気がするのに、

愛車のNHW20プリウスのアクセルON-OFF時の振動が前より大きくなってきたような気がする。

ATFをディーラーで交換してもらったときにおとなしそうなメカニックのおじさんが言っていた、

”それってプラグかエアフロじゃないですか?”の一言により、

こんなの買ってきてエアフローメーターを掃除してみました。

DSCN3357.JPG

先日紹介したLOOXと同じく、KURE工業の”エアフロクリーン”です。

ワタクシちょっと驚いたんですけど、エアフローメーターっててっきりそこら辺で売ってるパーツクリーナーで掃除するもんだと思ってたら、とんでもないんですね(笑)

しかもこんな専用のクリーナーがあるなんて、ホント、驚きました。

ちなみにエアフローメーターというのは・・・

DSCN3365.JPG

写真の真ん中の横になってる四角いやつね。汚くてごめんなさい。

この中にセンサーが入っていて、吸気口から入った空気の量と温度を測ってコンピューターに情報を送ってるわけです。

んー、賢い。

で、エアフローメーターの場所さえわかれば固定しているネジ2本を外し、コネクタを外すしてエアフロクリーンでシュシュシュシューっと掃除すればOK牧場。

1本使い切るころにはエアフローメーターが完璧にきれいになります。

てことはだよ?

怪しい中華製のエアフローメーターなんてわざわざ取り寄せなくてよかったんじゃん?

posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | 車いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする