ページ コンテンツ

2009年11月16日

ELGIN FK-979-C 入手!! 曇ってるけどね・・・

ご無沙汰しております。

最近更新が滞っておりまして申し訳ありません。

かなり書かなきゃならないことがあるんですけど、ネタ作り?に忙しくて更新できずにおります。

んで、今日は久々の更新なのですが順番めっちゃくちゃで、昨日入手した時計についての記事でございまする。

FK979C曇ってます.jpg

こやつが昨日入手した時計・・・

ELGIN FK-979-C

でございます。

そうです。ROLEX エクスプローラー1のパチモンです。てか、エクスプローラーもどきです。

スペック的には・・・

・自動巻き
・ステンレスムクバンド(ダブルロック&エクステンション付)
・スクリューバック&ねじ込み竜頭
・200m防水


結構本格的です。唯一の欠点というべきなのが夜光塗料が無いところでしょうか?(文字盤には何故か付いてますけど・・・)

最初の写真をみて気づかれた方も多いとは思いますが、この時計は風防の内側がかなり曇ってます。

FK979Cこんなに曇ってます.jpg

うわぁ・・・これって中は大丈夫なのか!?ってくらい曇ってますね。

ま、とりあえずいつものように分解するんですけど、

FK979C裏蓋.jpg

ここでもう一度品番を確認しておきます。

確かに、”FK-979-C”です。全く同じフェイスで”FK-1339”っていうのもあるらしいんですが、あちらは100m防水です。

てか、結構汚いです。

FK979C弓環バネ棒.jpg

弓環もバネ棒をご覧の通りです。このくらいなら超音波洗浄器にかければきれいになっちゃいます。

FK979Cキャリパー.jpg

裏蓋を開けたら・・・

あれ?意外ときれいなキャリパーが顔を出しました。あまり高級感は無いですけどね。

心配していたサビ等のダメージは見えるところには無いようです。

FK979C竜頭.jpg

竜頭の裏側のパッキンもちゃんとありますし、写真を撮り忘れましたが裏蓋のパッキンも健在でした。

FK979Cキャリパー取り出し.jpg

キャリパーを取り出してみましたが、文字盤とかにもダメージは見当たりません。

ガラスはこんなに曇ってますが・・・

FK979C曇ってます2.jpg

ただの水滴なので拭き取ればいいんですが、同時にキャリパーもヒーターに軽く当てて乾燥させます。

あとは・・・

いつものようにケースとバンドと超音波洗浄器で洗浄して、きれいにアルコールで拭いてレンズクリーニングペーパーで風防とケースの内側の水分をふき取って組み立てて・・・

FK979C完成.jpg

いきなり完成です!

ROLEXに興味はありませんがこの時計だったら新品で購入してもいいかもしれないくらいの存在感はあります。

この時計の針を夜光塗料つきのベンツ針に交換したら・・・

エクスプローラーになるかも!?

野望は付きませんね。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

posted by ばたやん at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 腕時計関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もELGIN FK-979(1339も含め)各色持っています。実用性が高く、30年も仕事時に使用しています。ベルトの調整の仕方を、ご指導願いたいのですが。コマを外したいのですが、出来ません。ねじ溝が見えているのですが、回せません。これはネジ式ではないのですか。壊してはいけないので、やってませんが、ピンなのですかねえ。メールの方へ返事を頂ければと思います。よろしくご指導お願い致します。
Posted by 小田切豊明 at 2014年07月05日 08:37
小田切さんこんばんは。
基本的にメールでの返答は差し上げておりませんのでこちらに失礼します。

ELGINの無垢バンドはピン式ですよ。
ネジ式ではないのでピンを抜いてさし直すだけです。
専用の工具はホームセンターやアマゾンで売っていますが、無くても工夫次第でできなくはないです。

検索サイトで”バンド調整 ピン式”と検索すれば詳しい方法が書かれたサイトがありますのでそちらを参考にしてください。

Posted by ばたやん at 2014年07月05日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック