ページ コンテンツ

2016年02月01日

スフィアライトのバラストがたった1年で故障した。

たったの1年ですよ?

高品質とか永久保証とかで巷では評判のいいらしいスフィアライトですが、

やっぱり現物は中国製なんだそうです。スフィアライトの人からはっきりと聞きました。

何だかんだ書いても仕方ないので事の詳細を話しましょう。

ワタクシ、”高品質”と評判のスフィアライトのバラストと、アマゾンで購入した他社のバーナーを組み合わせてNHW20プリウスのフォグランプに使用しておりました。

ちなみにフォグランプに使用する以前はPHILIPSのD2Rバーナーと組み合わせてヘッドライトに使っていたのですが、

たったの1年で不点灯になったんです。

スフィアライトはネットの評判では、”保証がついてて安心”ということなのでメールしたんですよ。

”バラストが故障したから代替品を送ってください”って。

そしたら評判がいいスフィアライトの回答は、

”他社製品との組み合わせの場合は保証いたしません”だそうです。

え?評判と違うじゃん!?

”ふーん”と思って、”スフィアライトの製品はどこで製造してるんですか?”って聞いたら、

”海外製です。”とすっとぼけやがったので、

”中国製でしょ?”と突っ込んでやりましたよ。

”はい、中国です。”と返してきました。

だったらさぁ、最初から言えばいいじゃん。評判いいんだからさ。

永久だとか3年保証だとサイトには書いてありますけどね。

ebayとかで見るHID関連の部品の値段とスフィアライトのサイトでの値段の価格差を見ちゃうと、

ちょっと賢い人だったらスフィアライトの保証のカラクリはわかると思います。


てか、そういう商売かぁ・・・

ということで、この文章に”スフィアライト”と”評判”というワードがたくさん使われているのは・・・

これまた頭のいい人ならわかりますよね?(笑)




posted by ばたやん at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 車いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック