ページ コンテンツ

2016年05月05日

純正のナンバー灯にPHILIPSのバルブを仕込んでみた。

壊れなくて白い発色ならどうでもいいという思いで購入したPHILIPSのT10バルブをですね。

純正のナンバー灯のユニットに仕込んでみましょう。

DSCN1683.JPG

この左側のがNHW20プリウスのナンバー灯のユニットです。

ワタクシの場合、中華製のLEDユニットに交換してあるので部屋にこの純正ユニットが転がってました(笑)

まさかこのユニットを再使用する時が来るとは思ってもいなかったのですが、

中華製ユニットが壊れつつあるのでPHILIPSのT10バルブとともに再使用決定というわけです。

純正ユニットにPHILIPSのユニットを仕込むと・・・

DSCN1684.JPG

あれ?意外と余裕がありますね。

この部分にはあまり長いバルブが入らないと思っていたのですが、まだまだ余裕がありそうです。

ついでにちょっと小細工をして、ナンバーを照射する反対側、上の部分にアルミテープをリフレクター代わりに貼り付けてみました。

DSCN1686.JPG

どーせ大した効果はないだろうし、そのうちはがれてきちゃいそうですけど・・・

んーいらないかな?






posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 車いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック