ページ コンテンツ

2016年05月09日

CASIO WAVE CEPTOR WV-59J-1AJFの電池を交換した。

やっぱり購入した時点で電池が消耗してたんだろうなぁ・・・

そんな消耗した電池で毎晩鉄筋コンクリートのワタクシの職場で時刻補正の電波を受信しようと頑張って、

彼は力尽きたようです。

最後にはバックライトも点灯しなくなり、

BEEP音も出なくなっちゃいましたからね。

てことで電池交換してあげましょう。

DSCN1667.JPG

ちなみにCASIO WAVE CEPTOR WV-59J-1AJFはCR1620って電池を使用しています。

裏蓋の四隅にあるネジをちゃちゃっと外し、

電池を外して付け替えるだけです。

DSCN1670.JPG

あ、いや、交換した後に電池のマイナスと”AC”って書いてあるところをピンセットか何かでショートさせなきゃダメです。

そこまでできたら一回表の時刻表示を見てOKだったらパッキンに注意しながら裏蓋を閉め、

電波強制受信させて時刻を合わせれば電池交換完了です。

DSCN1671.JPG

これできっと最低5年は電池持つでしょ。


posted by ばたやん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 腕時計関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WV59Jの電池寿命は公称値2年です
Posted by at 2016年08月30日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック