ページ コンテンツ

2018年03月01日

これが nano SIM なの。

いきなりわけがわからない、おやじギャグタイトルでごめんなさい。

てか、昨日の記事がかなり早いけど2月28日の記事でした。

誕生日おめでとうございます。

と、本題に戻って・・・こないだね、色々と携帯のことを整理してて、

”やっぱり時代はnano SIMだよなー”ということで、

nano SIMを入手しました。

もちろん今まで使ってたMicro SIMを2枚解約して(まだしてないけど)、これですっきり、

Wi-Fiルーターとスマホの2台体制になるわけです。あ、それとピンクのガラケーね。

DSCN4053[1].JPG

入手したのは毎度おなじみ、ここ3年ほどお世話になっているBIGLOBEのタイプD。

ワタクシ、初めてタイプDなんてものを聞いたんだけど、Dっていうのは単純にdocomoのD(笑)

ちなみにタイプAっていうのもあって、そっちはそのままauのAだそうです。そのまんまじゃん。

参考までにいいますと、ワタクシのタイプは細い人(笑)

と、個人的なことを書いた後にはnano SIMカードってなんなの?というお話。

SIMカードっていうのはスマホとかケータイに入ってて、電話番号とかが記録されてるカードなんだけど、

昔のドコモのケータイはこのSIMカードさえ入れ替えちゃえばヤフオクで買ったケータイをショップに行くことなく、機種変更ができたのね。

今でもそれは同じで、格安SIMの会社と契約してSIMカードを入手して、アマゾンとかでSIMフリーの端末を買って、端末にSIMカードを入れて設定すれば、格安でスマホが持てるというわけなんです。

ガラケーの時代はnano SIMの3倍くらいの大きさのSIMカードだったけど、最近のスマホはnano SIMが主流みたい。

DSCN4054[1].JPG

iPhoneも4Sまではmicro SIM、5からはnano SIMなの。

ということでね、ワタクシが密かに中国大陸に注文したアイツもnano SIMなんだなー。

アイツはねー、正真正銘の中国生まれの中国育ち。

いや、育っちゃいないけど、血統症付きの中国生まれですよ。

ニイハオ(笑)

posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | 携帯電話ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。