ページ コンテンツ

2018年12月21日

OBD2スキャナーってヤツを買ってみた。

これ、元はというとクルマの異常履歴を読み出すものだそうです。

昔は・・・ダイアグノーシスっていって、

クルマにあるコネクタにダイアグノーシス用の端末をつないでクルマの状態や故障をチェックしていたのが起源らしいんだけど、

最近のクルマ(21世紀に製造されたクルマ)あたりからは、

OBD2という規格に統一されたらしい。

っていうのはネットで調べればわかります。

ところが、世の中にはいろんなことを考えちゃう人がいて、

せっかくクルマについてるこのOBD2をいろいろと使ってみようぜー!って人々の発想から、

レーダー探知機をOBD2に接続したり、OBD2とスマホをBluetoothで接続してクルマの状態、

水温・回転数・バッテリー電圧・・・etcなんかの情報を引っ張り出したり、

クルマの走ってるスピードを感知してドアをロックしたり、そんな商品が出ています。

ワタクシも以前からそんなものがあるのは知っていて、使ってみようかなー?

なんて考えていたら、ebayで400円ほどで売っていたので購入してみました。

DSCN5123.JPG

いかにも”中華”ってパッケージに入っているのが、

DSCN5124.JPG

スキャナー本体と懐かしい8cmのCD。

8cmCDの存在を知っている人って・・・いい歳ですよね?(笑)

DSCN5125.JPG

そしてこちらが本体のOBD2スキャナーです。

こいつをワタクシのNHW20プリウスのOBD2コネクタに刺すと、

Bluetoothでスマホに回転数やらスピード、水温などなど、

クルマにメーターがなくてもスマホに表示されるっていう、

ハイテクなシロモノです。

っていってもね、

まだ試してないからよくわかりません。

週末にでも動画を撮りつつ試して、

うまくいったらYou Tubeにアップしてみます。

たぶんね(笑)



posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | 車いじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。