ページ コンテンツ

2019年01月06日

破れたVape用バッテリーを修理してみた。

電子タバコ、ていうかVapeってね。

実は危ないんですよ。

たまに聞くじゃないですか?

Vapeの電池が吹っ飛んで歯が折れたとか、顔に火傷したとか。

そんなのちゃんと理解してルールを守って使っていれば問題はないんです。

でもほら、

バッテリーの被覆(ビニールのカバーね)が破れるのは避けられません。

ワタクシも何本か破れちゃいました。

なので、

DSCN5291.JPG

世の中には便利なものがあるんですよー。ただの熱収縮チューブなんだろうけど(笑)

DSCN5292.JPG

このシート状に見えて実はチューブ状のものを、

18650バッテリーに元々ついてたビニールの被覆をはがして、

DSCN5293.JPG

金属をむき出しにしたバッテリーに被せて、ドライヤーの熱風で温めてあげれば完成です。

DSCN5302.JPG

ほら、いい感じでしょ?

これ、元の被覆よりも厚くて傷つきにくくて破れにくい。

修理も簡単だからおすすめできます。

だってさ、1本1500円とかするバッテリーが、こんなんで復活して安全に使えるなら絶対に安いでしょ?

posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | Vape(電子タバコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。