ページ コンテンツ

2019年02月13日

ニクロム80のワイヤーを初めて使ってみた。

久しぶりにVaperとして復活したワタクシ、

しばらくの間は1年ほどのブランクを埋めるべく、

最近のVape事情をネットでリサーチしていたわけですが、

どうも最近はカンタル線ではなく、ニクロム80というワイヤーを使うのが流行りらしい。

っていう情報を仕入れてしまったわけです。

昔はねー、24、26、28ゲージのカンタル線をメインにして、

温度管理モードで使うとき(ワタクシはほとんど使ったことがない!)だけ、

SS316ってワイヤーを使うのがワタクシ流でした。

でも、カンタル線とそれほど抵抗値が違うわけでもないくせに、

カンタル線より立ち上がりが早いというふれ込みで、

ニクロム80とかいうワイヤーが流行りらしいです。

DSCN5279.JPG

確かにねー、ワタクシが愛用しているスコンカー、iStick Pico squeezeでも、Wismec Luxotic Bf Box Modでも、

カンタルで組むと何だか立ち上がりが遅くて、

じんわりとミストが上がってくるような・・・

気がしてました。←当時はね(笑)

それでちょっと興味本位でニクロムワイヤーを買ってみたんだけど、

んー、立ち上がりが早すぎてミストが熱くないかい?

巻き数増やせばいいだけなんだろうけど・・・

んー? カンタル線でいいや(笑)

posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | Vape(電子タバコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。