ページ コンテンツ

2019年01月05日

そうそう、スマホをNOKIA X5に変えました。

ワタクシ、格安SIMを使ってます。

しかも端末は契約しないでSIMカードだけ契約して、

端末は自己調達しております。

この”調達”って言葉がねー、ワタクシの得意分野であったりするわけなんだけど、

過去を振り返っても真面目にショップでケータイを買ったことがほとんどありません。

ヤフオクで買うとか、アマゾンで買うとか、ハードオフで買うとかね。

前回は初めて中国の通販サイト、GEARBESTってところで思いっきり中国製のスマホを買ったんだけど、

こないだ壊れました。

画面がフルHDで指紋認証で、かなり使いやすくてお気に入りだったのに。

値段だって15000円以下だったし。

でもまぁ、壊れたからには次の携帯を入手しなきゃならないわけで、

昔懐かしのNOKIAのスマホを購入してみました。

DSCN5223.JPG

かなーり簡素な箱に入って送られてきたのがちょっと不安ですが、

この不安な気持ち、開封して電源を入れたら思いっきり的中してしまいました。



驚いたでしょー? なんと、日本語対応じゃなかった!!

結局PCにつないであーでもない、こーでもないって試行錯誤の結果、

日本語表示はできるようになったけど、設定のところとかは英語のままなんですよ。

まぁ、何とかなるからいいんだけど。

DSCN5254.JPG

今まで使ってたアプリとか全部移し替えて設定を終えて、

DSCN5287.JPG

・・・あ、You Tube用の画像だ!(笑)

ついでに激安手帳型ケースも取り付けて、無事にスマホの買い替え完了しました。

これがねー、カッコよくて使いやすい。

ちなみに今回のスマホも、20000円以下の激安端末です(笑)

posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | 携帯電話ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

中華スマートホンがお亡くなりになりました。

こんなもんなのかなぁ?

ワタクシの記憶によると、2018年の1月か2月くらいから愛用していた、

LEAGOO KIICCA MIXという、15,000円くらいで買った中華スマホが壊れました。

充電できないし、充電できたと思ったらすごい勢いで電池がなくなっていくという、

意味不明な故障に見舞われちゃいました。

中華製だけにバッテリー周りの故障は怖いので、ここのところ2年位前に使ってた、

同じく中華製だけどまともなHUAWEIのP8liteを使ってました。

でもね、2年前の機種だけあってAndroid6.0だし、指紋認証もないし、

仕方ないから次の端末を探しましたよ。

iPhomeXっぽいやつ。

この、"iPhoneXっぽいヤツ”って、世の中にはすげーたくさん出回ってるし、

HUAWEIでもLEAGOOでも、日本のSHARPなんかでもあるけど、

元・ケータイマニアのワタクシ、久しぶりにNOKIAにしてみました。

お値段たったの19,000円ほど。

先月発表されたiPhoneXSの一番高いモデルが160,000円らしいので、その8分の1以下です(笑)

DSCN5205.JPG

どうよどうよ? 憧れ?のiPhoneX風で、最近流行りの縦長画面です。

もちろん、BIGLOBEのSIMカードでdocomo回線が使えます。

DSCN5206.JPG

ちゃんとアンテナ立ってるし、

DSCN5207.JPG

docomoって表示されてます。

ただこの端末、日本語に対応してません。

ワタクシ、いろんなAndroidも使ったし、中華スマホも使ったし、カスタムROMを焼いて遊んだりしてたけど、

日本語非対応っていうのは初めてでした。

あーあ、また苦労がひとつ増えちまったよぉ・・・

posted by ばたやん at 00:00| Comment(0) | 携帯電話ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする